TOKYO Teshigoto
STORY 12

256回の集中力

初めてこのグラスを見たとき、人の手で創り出されたものだとはどうしても思えなかった。
一粒数ミリの米模様が繋がってできている、西洋グラスには無い、和のやさしさが映し出されたデザイン。
うっとりと見入ってしまう。
幾何学的に並ぶこのワイングラスに施された米模様はなんと256個。
江戸切子の技術を使って、職人がいっきに削り上げるのだという。
一つのミスも許されない、256回の集中力の賜物なのだ。

株式会社江戸切子の店華硝

株式会社江戸切子の店華硝
〒163-0071 東京都江東区亀戸3-49-21
TEL 03-3682-2321
FAX 03-3682-2396
代表取締役社長 熊倉 節子
hanashyo@edokiriko.co.jp

  • 熊倉 隆行

    職人熊倉 隆行

米つなぎ ワイングラス
米つなぎ ワイングラス

究極のシンプルなカットで洗練された華やかさを表現した、華硝独自の意匠である「米つなぎ」。「米つなぎ」も「麻の葉つなぎ」も日本の作物を見たてた文様で、繁栄への願いも込められている。いずれも、同じパターンを正確に繰り返すという高度な技術により作られる。また薬品で磨く酸磨きを行わず、すべて手磨きで仕上げるのも特長。「米つなぎ」製品は洞爺湖サミットで、贈呈品として用いられた。「米つなぎ」、「麻の葉つなぎ」ともにワイングラス、ぐい呑みなど用途に合わせていくつかの種類が作られている。色も紅色、瑠璃色のほか、葡萄色が用意されている。

米つなぎ ぐい呑み 紅 Φ約50mm ×H 約50mm ¥40,000/麻の葉つなぎ ぐい呑み 葡萄 Φ約50mm ×H 約50mm ¥13,500/麻の葉つなぎ ワイングラス 紅 Φ約55mm ×H 約160mm ¥25,000/米つなぎ ロングワイングラス 瑠璃 Φ約65mm ×H 約200mm ¥75,000/素材は全てソーダガラス