TOKYO Teshigoto

銅製急須

その他

見惚れる美しさの、銅製急須。
その熱伝導率の高さから、銅製急須は
煎茶、紅茶、中国茶を
美味しく淹れられると注目されている。
銅製であるが故の機能は折り紙付きだが、
この急須には食卓の主役になるような美しさがある。
古美の色は
三代目が独自の工夫で生み出した色で、
手に入れた時から何年も使い込んだかのような
温かみがある。
表面の鎚目もランダムに打たれているようで、計算されており、
鍛金師の高い審美眼を感じさせる。
そして使ってみて気づくのが、高い実用性。
急須の注ぎ口は微妙なカーブを描くが、
茶こぼれがない「切れ」を求めて
初代が道具の開発からこだわったもの。
持ち手や蓋のつまみには籐などの素材を使い、
熱いものを淹れた時の使いやすさに配慮している。
丸型の持ち手には真鍮を使い
その上に籐を巻いているので、
さらに熱を伝えにくい。
内側には錫をひかず、銅製の良さを存分に味わえる。
使い終わったあと、伏せておくと
底も鎚目で飾られていることに気づく。
隙のない用と美が備わっている。

樽型(大)
サイズ:φ80mm、W130mm×H175mm(本体100mm)
容量 : 400cc
素材:銅、籐
希望小売価格:
縦ござ目つる付き   ¥18,000
トリコロールつる付き ¥20,000
丸型(中)
サイズ:φ135mm、W165mm×H80mm(持ち手72mm)
容量 : 380cc
素材:銅、真鍮、籐
希望小売価格:
縦ござ目   ¥15,000
トリコロール ¥18,000
丸鎚目    ¥13,500

※本サイトに掲載している情報は2017年12月現在のものです。

※手作り品のため、サイズ、色、形は実際のものと多少異なります。

※商品の仕様および希望小売価格は、予告なく変更することがあります。希望小売価格は、すべて税抜きの金額です。