TOKYO Teshigoto

きびたま えぼし きびたま えまき

その他

ざっくりとした織り地だが、
これは絹織物。
「生皮芋(a)」、「玉糸」という
通常は製糸の過程で捨てられてしまう
素材を使っている。
生皮芋は蚕が繭をつくる際に
最初に吐き出す糸で、太くて硬い。
玉糸は二頭の蚕が1個の繭をつくったもので、
やはり糸は太くて節が多い。
この糸を紡ぎ経糸に使い、
さらに空気を含むように粗く織っている。
大判のストール「えまき」は、
一枚のコートに匹敵するほど温かい。
「えぼし」は、京都で430年以上烏帽子の
製作に携わる山岡商店の協力を得て
形を仕上げた。
深く被ったり、浅く被って先を折り曲げたり、
着こなしで印象に変化をつけられる。
「えまき」も「えぼし」も
質感やフォルムに強い特長があるので、
シンプルなデニムスタイルに採り入れると、
ぐっと洗練された印象になる。
紫外線の高い遮断率も、絹製品ならでは。
草木染2色と生成り色を用意しているが、
いずれもベーシックカラーなので
コーディネートしやすい。
洋装だけでなく、
和装にも合わせて楽しんでほしい。

きびたま えぼし きびたま えまき
サイズ:
きびたま えぼし W300mm×D240mm
きびたま えまき W430mm×D1800mm
素材:生皮芋、玉糸  
希望小売価格:
きびたま えぼし(五倍子)¥29,000 
きびたま えぼし(生成り)¥27,000 
きびたま えまき(五倍子)¥34,000 
きびたま えまき(生成り)¥28,000
きびたま えぼし(藍山桃)¥35,000 
きびたま えまき(藍山桃)¥45,000

※本サイトに掲載している情報は2017年12月現在のものです。

※手作り品のため、サイズ、色、形は実際のものと多少異なります。

※商品の仕様および希望小売価格は、予告なく変更することがあります。希望小売価格は、すべて税抜きの金額です。