TOKYO Teshigoto

玉盃「うめいちりん」

東京銀器

春の訪れを知らせる梅の花。
梅には長寿、美、忠誠などの花言葉もあり
縁起のよい花として親しまれてきた。
「玉盃『うめいちりん』」は、そんな梅をモチーフにした銀盃だ。
白梅、濃紅梅、淡紅梅。
大小、色とりどりの「玉盃『うめいちりん』」を並べて眺めると、
春の訪れに浮き足立つ、 あの感情が湧いてくるようだ。
そして思わず感嘆の声をあげてしまうのは、
銀盃をのぞき込んだとき。
銀盃の底からふわりと浮き上がるように、
梅の花が幻想的な姿を見せる。
これは一定の曲率半径のもとで現れる現象だが、
何か不思議な力を宿しているようにも感じる。
酒を注ぐと梅の姿はもっと強く感じられ、
酒とともに飲み干せば、不思議な力が体内に取り込まれるようだ。
柔らかく美しい梅の五弁は、
この道50年の熟練の職人が手仕事で作り出した。
器の内面の濃紅梅、淡紅梅は、
高岡漆器の伝統工芸士による本漆塗り仕上げ。
確かな腕を持つ伝統工芸士同士の手仕事が、この逸品を作り上げた。

白梅 大
サイズ:W75mm×D75mm×H60mm
素材:純銀
希望小売価格:¥48,000
白梅 小
サイズ:W68mm×D68mm×H52mm
素材:純銀
希望小売価格:¥42,000
濃紅梅 大、淡紅梅 大
サイズ:W75mm×D75mm×H60mm
素材:純銀、漆
希望小売価格:¥54,000
濃紅梅 小 、淡紅梅 小
サイズ:W68mm×D68mm×H52mm
素材:純銀、漆
希望小売価格:¥48,000

※本サイトに掲載している情報は2017年12月現在のものです。

※手作り品のため、サイズ、色、形は実際のものと多少異なります。

※商品の仕様および希望小売価格は、予告なく変更することがあります。希望小売価格は、すべて税抜きの金額です。