TOKYO Teshigoto

銅製タサ如雨露

銅器

ベランダで使うためにつくった、コンパクトな銅製如雨露。
名品として世界中の盆栽愛好家から
注目される「銅製竿長如雨露4号」が、
全長98センチで容量が4リットルであるのに対して、
「銅製タサ如雨露」は全長66センチで容量は1.5リットル。
コンパクトだが、散水のための機能はもちろん落としていない。
草花によいとされる溜水を汲みたい場合は、
棹と胴体を結ぶ短い持ち手を持ってすくう。
吸水口には、溜水に混じる木の葉やゴミを
キャッチする「こし網」がついている。
「ハス口」は付け替えられ、長い使用に耐えられる。
さて名前にある「タサ」はイタリアの職人、
サルバトーレ・タランティーノ氏の会社名。
ヨーロッパで販売された根岸氏の銅製如雨露の修理を、
彼が請け負うなど親交を深める中で、
お互いに今回の製作にアイデアを出したことから、
敬意を表し、彼にゆかりのタサが製品名に加えられている。

サイズ:W660mm × D140mm × H180mm 
容量:1.5L
素材:銅、真鍮
希望小売価格:¥15,000

※本サイトに掲載している情報は2017年12月現在のものです。

※手作り品のため、サイズ、色、形は実際のものと多少異なります。

※商品の仕様および希望小売価格は、予告なく変更することがあります。希望小売価格は、すべて税抜きの金額です。