TOKYO Teshigoto

木本硝子 株式会社

江戸切子

挑戦を続ける、硝子プロデューサー。

ガラスの魅力を存分に引き出し、カタチにする。木本硝子は、硝子問屋としてこれまで数々の硝子製品をプロデュースし、市場に送り出してきた。創業は1931(昭和3)年。80年以上の時の中、マーケットの最前線に立って「売れるモノ」、「売れないモノ」をつぶさに見てきた。そこで培われてきたのは、「市場を見極める力」。その力を活かして木本硝子は、ただ製品を右から左へ流通させる問屋ではなく、積極的なモノづくりに挑戦する硝子製品のプロデュースへと軸足を移している。近年、厳しい環境にさらされる硝子業界にあって、時に時代の先を行くモノづくりは業界に新しい風を吹かせている。「市場を見極める力」で、木本硝子が企画プロデュースした江戸切子は、枚挙にいとまがない。デザイナーやクリエイターの斬新な発想と、その発想を的確にカタチにする職人が木本硝子のプロデュース力のもと出会ったとき、市場にインパクトを与える硝子製品が誕生する。業界の未来を支えるべく、木本硝子の挑戦は今日も続いている。

木本硝子 株式会社
〒111-0056 東京都台東区小島2-18-17
TEL 03-3851-9668
FAX 03-3861-4712
代表取締役 木本 誠一
info@kimotogw.co.jp
http://kimotoglass.tokyo/