TOKYO Teshigoto

手編みジュエリーペンダント

東京彫金

貴金属を身に着けたい、と思う時はどんな時だろう。
強さや自信が欲しい時。
華やかな気分になりたい時。
この「手編みジュエリー」は、
優しさに包まれたいという時にも、 その気持ちに応えてくれる。
「手編みジュエリー」を製作するのは、檜垣隆博氏。
このネーミングも、自身の発案だ。
工程は、まず金、プラチナ、
シルバーなど貴金属の線に撚りをかける。
線に太さとニュアンスを加えたら、
独自の配色や交差のし方で編んでいく。
すると、ボリュームはあるのだが、
なんとも温かみのあるジュエリーになる。
一つひとつ手作業で作られることが、
温もりを生み出してもいる。
ペンダントトップはリングの中に
編まれた貴金属がロウ付けされているが、
その接合部分はほぼ分からない。
こうした丁寧な仕上げが、 ジュエリーとしての品格も高めている。
ペンダントトップは、2連と3連を用意した。
それぞれチェーンの通し方を変えることで、
違う表情になり様々に楽しむことができる。

2 連
サイズ:トップ/(φ13mm×W7mm)×2、
チェーン/L450mm(スライド式)
素 材:トップ/プラチナ900・K18、チェーン /銀(silver925)
希望小売価格:¥170,000
3 連
サイズ:トップ/(φ12mm×W4mm)×3 、
チェーン/L450mm(スライド式)
素 材:トップ/銀(silver925)、 チェーン /銀(silver925)
希望小売価格:¥50,000

※本サイトに掲載している情報は2017年12月現在のものです。

※手作り品のため、サイズ、色、形は実際のものと多少異なります。

※商品の仕様および希望小売価格は、予告なく変更することがあります。希望小売価格は、すべて税抜きの金額です。