TOKYO Teshigoto

美術組紐 ブレスレット

東京くみひも

日本人が古来より親しんできた
絹製品・組紐を、
老若男女を問わず現代の
暮らしの中で楽しめるのが
「美術組紐 ブレスレット」だ。
「冠組(ゆるぎぐ)み」は、
衣冠装束の冠紐として
使われていた組紐。
絹の華やかさが生きる組み方で、
伸縮性にも富む。
紐の両端にはそれぞれ、
「口」と「十」の形のモチーフが
ついているが、これは
「叶う結び」と呼ばれ、
縁起の良い結び方と
信じられている。
「御岳組(みたけぐみ)」は、
東京都青梅市の
武蔵御岳神社に納められていた
武具にあった独自の組み方を
先代が復刻したもの。
高さのあるしっかりとした組紐は、
男性の手にも馴染む。
シックな色合いのストールは、
熟練の職人による
竜巻絞りで仕上げている。

ストール
サイズ:W850mm×L1750mm
希望小売価格:¥66,000(税込)
美術組紐ブレスレット
サイズ:<S>L180mm、<M>L190mm
希望小売価格:
無地(10色) ¥4,042(税込)
唐組 ¥11,000(税込)
御岳組 ¥8,800(税込)
亀甲組 ¥16,500(税込)

※本サイトに掲載している情報は2021年1月現在のものです。

※手作り品のため、サイズ、色、形は実際のものと多少異なります。

※商品の仕様および希望小売価格は、予告なく変更することがあります。