TOKYO Teshigoto

四季の日傘

東京染小紋

着物文化の、粋を集めた日傘。
「四季の日傘」は、江戸小紋の表現技法で
最高峰と言える「両面染」を用いた日傘だ。
江戸小紋は、染料を混ぜた色糊を用いて染める。
1ミリに満たない厚みの絹布に、
染料が裏に響かないよう、
表面、裏面を染めるのが「両面染」。
肝となる色糊の調合には、
熟練の経験と技を要し、
今や数えるほどの職人しか手掛けられない。
「両面染」の着物の場合、
裏の紋様は裾や袂から
チラリと見えるところが洒脱とされる。
「四季の日傘」は、
これを文字通り日の当たる場所に引き出し、
新しい景色を作り出した。
例えば表地に柳、
裏地に燕の型染めをした「春」。
日傘を開くと、染め分けられた表地と裏地は
日に透け一体となり、
風に揺れる柳葉の向こうに
燕が群れ飛ぶ景色が現れる。
表地の柳も数型用いるなど、細部に凝った。
傘を閉じると、
日本人が古来より作り上げてきた
配色方法「襲(かさね)の色目」を
イメージしたグラデーションが現れ、
洋装で持ってもさりげなく
着物文化を伝える。

四季の日傘
サイズ:約φ750mm×H630mm
(クローズ時約φ50mm)
素材:正絹(張地)、樫(中棒)、楓/竹(手元)、天然木/竹(ボタン、露先)
希望小売価格:¥89,000

※本サイトに掲載している情報は2017年12月現在のものです。

※手作り品のため、サイズ、色、形は実際のものと多少異なります。

※商品の仕様および希望小売価格は、予告なく変更することがあります。希望小売価格は、すべて税抜きの金額です。