TOKYO Teshigoto

指物益田

その他

現代生活に、指物を。

金釘一本使わずに木を組み、家具や調度品をつくる指物。物指しで測りピタリと精巧につくられた指物は、ゆがみもなくしっかりとしている。しかし、修理をするために指物師が金槌でトントンと叩くと、組みが外れてバラバラになる。木の特性を知り、その性質を活かす高度な技がこんな不思議をつくり出す。指物益田の主、益田大祐さんは、家具製造会社に勤めていたある日、江戸指物に触れその技術に惚れ込んだ。家具の引き出しを閉めきる一歩手前で吸い込まれていくような感覚。数ミクロンの差で生まれる、精密機械のような精巧さを手仕事でつくり出す凄さ。その凄さに背中を押され、江戸指物の名匠の門を叩いた。修行後、指物師として独立してからは、伝統的な化粧鏡台、茶道具、箪笥、姿見などを製作。その多くは、梨園など伝統の世界からのオーダーである。しかし、指物の凄さをもっと広く伝えたいという思いは募る。現代の暮らしで使える身近な指物を。あの日、自分が感じた驚きを、もっと多くの人に味わってもらうために、現代の指物づくりは続けられている。

指物益田
〒130-0023 東京都墨田区立川4-6-5 1階
TEL 03-6315-8546
益田 大祐
sasimono-masuda@s3.dion.ne.jp

工房見学
あり
工房体験
なし

工房見学、工房体験をご希望の方は事業者にお問い合わせください