TOKYO Teshigoto

カツ、カツ、カツと軽快な音を奏でるけん玉。
「SHAMIDAMA」は、音にこだわる三味線工房、
「三絃司きくおか」が製作した、子どもも大人も楽しめるけん玉だ。
軽快な音の理由は、木の材質にある。
紫檀、花梨といった唐木は木肌の美しさもさることながら、
硬質でいい音を生み出すことから三味線の棹に用いられる。
棹の一番上にある糸巻きのある部分を天 てんじん 神と呼ぶが、
「SHAMIDAMA」はこの天神をモチーフにデザインされている。
三味線の天神には三本の絹糸をそれぞれ巻く糸巻きが三つあるが、
「SHAMIDAMA」の三本の糸巻きは、 けん玉の「剣」に相当する。
一般的な形のけん玉には「剣」は一つ。
三つある「SHAMIDAMA」には、
難易度の高い技に挑戦する楽しみもある。
三味線の棹に使われる紫檀、花梨のほか、
胴に使われる欅、縁起がよいとされる槐 えんじゅ 、
ナチュラルな色合いが優しい雰囲気の
栃ノ木の 5種類が用意されている。
お好みの音、お好みの色を選んでいただける。

紫檀
サイズ:W100mm×D60mm×H235mm
素材:紫檀(ローズウッド)
希望小売価格:¥50,000
サイズ:W100mm×D60mm×H235mm
素材:槐(エンジュ)
希望小売価格:¥40,000
花梨
サイズ:W100mm×D60mm×H235mm
素材:花梨(カリン)
希望小売価格:¥30,000
サイズ:W100mm×D60mm×H235mm
素材:欅(ケヤキ)
希望小売価格:¥20,000
栃ノ木
サイズ:W100mm×D60mm×H235mm
素材:栃ノ木(トチノキ)
希望小売価格:¥10,000

※本サイトに掲載している情報は2017年12月現在のものです。

※手作り品のため、サイズ、色、形は実際のものと多少異なります。

※商品の仕様および希望小売価格は、予告なく変更することがあります。希望小売価格は、すべて税抜きの金額です。