TOKYO Teshigoto

輝く水面を織り成す、多摩織の技

多摩織の一種「お召織」の技と、
先々代が残した縞の着物地を進化させ、
数千本の多彩な絹糸を組み合わせて
織り上げた「楊柳」のスカーフとショールです。
素材はすべて色と質を厳選した先染めの絹糸。
経糸(たていと)は6色に染め分けて、
細いストライプを表現しています。
緯糸(よこいと)は
今では数少ない職人が撚る「お召糸」を
特注して、糸に負荷をかけず旧式の織機で
ゆっくりと織り上げました。
一点一点仕上げを施すことで
上質な風合いを生み出しています。
光が降り注ぎ、
多摩の自然が映る水面のごとく、
彩り豊かに織地を仕上げました。

多摩織
有限会社澤井織物工場

hikariful
種類:8種
ロングスカーフ6色(ピンク、オレンジ、ターコイズ、ブルー、グレー、ネイビー)・
ショール2色(ピンク、ブルー)
材質:絹100%
サイズ/重量:
[ロングスカーフ]37cm×170cm/各約45g
[ショール]67cm×200cm(房含む)/各約100g
希望小売価格(税込):
[ロングスカーフ]¥28,600
[ショール]¥70,400
<ご購入はこちら>
日本百貨店(店舗)

※本サイトに掲載している情報は2024年5月現在のものです。

※手作り品のため、サイズ、色、形は実際のものと多少異なります。

※商品の仕様および希望小売価格は、予告なく変更することがあります。