TOKYO Teshigoto

風通織のシルクストール

多摩織

一枚の布を二重に織る「風通織」。
生地の間に風が通るような空間がうまれることから、
そう呼ばれている。
この技術を採用した「マルベリーストール」を改良したのが、
『風通織のシルクストール』だ。
シルク100%でも家庭での手洗いが可能なシルク素材を用い、
3シーズン日常使いができる、カジュアルな商品として開発した。
上下の布を入れ替えることができる
風通折りの特長を活かした、リズム感のある柄配置。
ストライプとボーダーが交差する格子柄を組み合わせた
リピートのないデザインなので、
巻き方次第でさまざまな表情が楽しめる。
色は3色。それぞれ、
春の香りを運ぶ風、
秋の実りを知らせる風、
冬の無音を奏でる風をイメージした。
絹糸をシャトル織機でゆっくりと優しく織り上げるので、
ふんわりと軽やか。
空気にそっと包まれるかのような、極上な肌触りが心地良い。
しなやかな風を纏うような感覚を、
ストールを身につけることで体感してほしいと、
多摩織の伝統工芸士である澤井 伸は言う。
「この風合いは、どれだけ言葉を尽くしても伝わりません。
手に取って、触れることで、実感してください」。

風通織のシルクストール
種類:全3種
素材:絹紡糸100%
サイズ:長さ1950mm×幅630mm(房70mm×2含む)
希望小売価格:各¥33,000(税込)

※本サイトに掲載している情報は2022年11月現在のものです。

※手作り品のため、サイズ、色、形は実際のものと多少異なります。

※商品の仕様および希望小売価格は、予告なく変更することがあります。