TOKYO Teshigoto

東京本染 てぬぐいおくるみ

東京本染ゆかた

やがて形を変えて赤ちゃんの頃の思い出となる、おくるみ。
おくるみの生地は、てぬぐいや浴衣を染める際に用いられる
注染という染色方法で染めた晒布と、ガーゼの二枚合わせ。
赤ちゃんのデリケートな肌を優しく包んで守ってくれる。
小紋柄の飛び柄は、七宝、毘沙門亀甲、市松、麻の葉と
吉祥紋尽くしで、すくすくと健やかに育て、
との願いが込められている。
おくるみは頭もすっぽり覆えるような仕立てになっていて、
頭巾にはちょこんと愛らしいお耳が。
実はこのおくるみ、おくるみとしての使命を終えた後、
ぬいぐるみに変身する。
飛び柄に染まったパーツを切り取り、同梱されている綿を詰め、
頭巾についていた耳も縫い付ければ、
かわいい和柄のぬいぐるみが出来上がる。
くま、うさぎ、ねこ、パンダの4 種類あり、
色は5 パターンが用意されている。
しっかりとしたつくりのパッケージには、
綿の他、糸、ぬいぐるみのつくり方も同梱されている。

くま(ブルー)、うさぎ(ピンク) ねこ(イエロー)、パンダ(グレー) パンダ(水色×イエロー)
サイズ:W750mm × D750mm 
素材:綿 
希望小売価格:¥6,000(ぬいぐるみ制作キット付)

※本サイトに掲載している情報は2017年12月現在のものです。

※手作り品のため、サイズ、色、形は実際のものと多少異なります。

※商品の仕様および希望小売価格は、予告なく変更することがあります。希望小売価格は、すべて税抜きの金額です。