TOKYO Teshigoto

Edo komon KATAK”ATA (エドコモン カタガタ)

東京染小紋

遠目には無地に見えても、
近くで見ると細かな柄で埋め尽くされている
東京染小紋。この文様を
現代のファッションアイテムに仕立てたのが
『Edo komon KATAK"ATA』だ。
三重県の職人による手彫りの伊勢型紙から
錐堀、縞堀などの東京染小紋らしい繊細な柄を
3種類セレクトして組み合わせ、
均一に染め上げた。
異なる柄をつなぎあわせるには、
染め師の高度な技術を要するが、
「伊勢型紙が作り出す美しさ、
素晴らしさを凝縮したかったので、
あえて3パターンの柄を使いました」
と石塚久美子。
色はポップで鮮やかなブルーとイエロー、
伝統色である鼠色の3色。
縫製は国内のバッグ職人が手がけている。
手染めの生地に天然皮革を組み合わせることで、
美しい仕上がりとバッグとしての強度を高めた。
取り外し可能なアクリルチェーンのハンドルが、
和装から洋装まで
幅広いスタイルやシーンでの使用を可能にしている。
従来の小紋和装小物とは一線を画した
ビビッドカラーとシャープなデザインで、
「今まで見たことがない!」と誰もが感じる
新感覚のバッグが誕生した。
東京染小紋の生地の新しい使い方を生み出すことで、
伝統工芸の可能性を広げている。

Edo komon KATAK"ATA (エドコモン カタガタ)
種類:全3種
素材:絹、牛革、綿、アクリルチェーン、金属
サイズ:幅170mm×高さ220mm×奥行50mm 200g
希望小売価格:各¥33,000(税込)

※本サイトに掲載している情報は2021年11月現在のものです。

※手作り品のため、サイズ、色、形は実際のものと多少異なります。

※商品の仕様および希望小売価格は、予告なく変更することがあります。