TOKYO Teshigoto

形が異なる二つの酒器が並んでいる。
形は違っていても、すぐにペアと分かるデザイン。
そして手のひらに載る愛らしいフォルムは、
眺めているだけでも幸せな気分にさせてくれる。
「Rondes」と名付けられたペアの酒器は、
江戸硝子の伝統技術を使い作られている。
溶けた硝子を棹に取り、鋳型の中で息を吹き込み
成型する“型吹き”は、熟練を要する技法。
口元から底まで均一に0.9ミリの極薄に仕上げた「Rondes」は、
フォルムに独特の“くびれ”があるため、
熟練の職人でさえ難易度の高い仕事になった。
極薄の飲み口はストレスを感じにくいため、
日本酒の味、薫りに集中することができる。
色のついていないガラスを通して、 日本酒本来の色も楽しめる。
口元が開いた「ラッパタイプ」と、
口元が少しつぼんだ「つぼみタイプ」の二個で一セット。
伏せて置くと、「ラッパタイプ」はてるてる坊主に、
「つぼみタイプ」は雪だるまにも見える。
おめでたいシーンでの、プレゼントにも最適だ。

Rondes
サイズ:つぼみタイプ W45mm×D45mm×H65mm、
    ラッパタイプ W60mm×D60mm×H65mm
容 量:40ml
素 材:硝子
希望小売価格:¥5,000(2個セット)

※本サイトに掲載している情報は2017年12月現在のものです。

※手作り品のため、サイズ、色、形は実際のものと多少異なります。

※商品の仕様および希望小売価格は、予告なく変更することがあります。希望小売価格は、すべて税抜きの金額です。